映像制作に携わる仕事は何がある?仕事内容や目指し方とは

映画、テレビ番組、CM、ミュージックビデオなど、私たちの身近にある映像作品。
私たちを魅了するその裏には、多くの人々が携わり協力して作り上げられている背景があります。

この記事では、映像制作に携わる仕事の種類や仕事内容、目指し方についてお伝えするので、映像制作関連の仕事に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

映像制作に携わる仕事とは

日本には世界からも注目されている映像を制作した映像クリエイターがいます。映像クリエイターは、テレビ番組の制作・編集、WEBコンテンツ、アニメーション、ゲーム等、様々な映像に携わります。そして、それぞれ、制作系に携わる人・技術系に携わる人がいます。制作系の場合、企画や制作に携わる仕事です。一方、技術系は、CGや特撮技術等の専門技術を有して、直接映像の編集や撮影を行います。
下記では代表的な7つの仕事について、詳しくお伝えします。

映画監督

映画監督は、映画を撮影する上で全ての決定権を持つ最高責任者で、作品に関わる全ての人の先頭に立って撮影現番の指揮を取ることが主な仕事です。
また、最終的な決断を下すだけでなく、リーダーシップを発揮して俳優・カメラマン・音声・美術・衣装など作品に関わる全てのスタッフの意見をまとめることも重要な役割の一つといえます。

撮影監督

撮影監督は、映画やテレビ番組などの映像作品において、映像全体の責任者です。
映画監督による指示のもと、カメラの位置やアングル、照明、色彩などを調整し、理想の映像が撮れるように様々な工夫しながら撮影します。
また、撮影スタッフをまとめ、撮影スケジュールを管理することも重要な仕事の一つです。

TVディレクター

TVディレクターは、番組の制作現場において責任者のポジションとなり、番組の企画、構成、撮影、編集などの多くの側面に責任を持ちます。
番組作りのはじめから終わりまでの全てを指揮し、俳優やスタッフと協力してイメージ通りに番組を作り上げていくのがディレクターの役割です。
また、番組の予算やスケジュールを管理し、番組が期限内に完成するようにすることもTVディレクターの仕事となります。

テレビプロデューサー

テレビプロデューサーは、番組の企画、制作、放送までの全体的な管理を行うことが主な仕事です。また、番組の内容や出演者の選定、スポンサーとの交渉なども行います。
番組が視聴者に受け入れられるように、常に新しいアイデアを考え出し実現するスキルが必要です。

アニメーター

アニメーターは、アニメーション作品の制作において、キャラクターの動きや表情を描く作画をすることが仕事です。原画を基に動きの中間フレームを描いて、滑らかな動きを実現します。
また、背景や特殊効果なども担当することがあるため、アニメーターは作品のストーリーやキャラクターの性格を理解し、イメージ通りの動きや表情を描くことが求められます。

CGデザイナー

CGデザイナーは、コンピュータグラフィックスを使用して、映像作品やゲーム、広告などのビジュアルコンテンツを制作する仕事です。3Dモデリングやテクスチャリング、ライティングなどの技術を駆使して、リアルな映像やキャラクターを作り出します。
また、アニメーションや特殊効果などを担当することもあるため、制作の幅は多岐に渡ります。作品のコンセプトやビジュアルスタイルを理解し、それに沿った映像を制作できるスキルが必要です。

映像クリエイター

映像クリエイターは、テレビの番組制作や編集、テレビコマーシャル、Webコンテンツ、さらにはアニメーションやゲームといった多岐に渡る分野で、様々な映像を制作する仕事を担っている人のことです。
また、映像作品の予算やスケジュールを管理し、作品が期限内に完成するように努める必要があります。常に新しいアイデアを考え出し、実現することが求められます。

映像クリエイターになる方法

映像制作に関わる上で必要なCG等の専門技術は専門学校などを通して学ぶ人が多いようです。その中でもCG映像学科がある HAL という専門学校では、フル3DCGアニメーションやVFX等、高度な技術を用いた映像クリエイターを育成しています。本気で映像クリエイターを目指すのに最適な学校です。

また、こちらではモーションキャプチャーシステム等、実際にプロが使うCG制作機材を使って3DCGやVFXの映像制作を行って実践的に学ぶことができます。それだけではなく企業と連携を取り、テレビ番組のオープニング映像の制作や企業の商品のCMを制作したり等、HALならではの教育環境が整っています。このように、こちらでは学生のうちからプロと同じような気持ちになって映像制作に携わることができます。映像クリエイターを目指している方は一度、オープンキャンパス等のイベントに参加してみてはいかがでしょうか。体験入学のプログラムでは、映像クリエイターの体験実習もあるので、一度体験してみると良いかもしれません。

まとめ

今回は、映像制作に携わる仕事や目指し方についてご紹介しました。映像制作には、様々な職種があり、それぞれが異なる役割を担っています。

どの分野も専門的な知識が必要になるので、学べる環境が整っている学校に入学するのをオススメします。この記事を参考に、自分はどの仕事が向いているのか当てはめてみてください。

映像の撮影機材
広がるキャリアプラン908 views