ファッションデザイナーの目指し方

流行やブランドイメージ、お客様の要望などをくみながらデザインを生み出すのがファッションデザイナーの仕事。アパレルメーカーなどで既製品のデザインをする企業内デザイナー、オーダーメイド服のデザインを手掛けるオートクチュールデザイナー、オリジナルブランドを立ち上げて活躍する独立系デザイナーなど働き方は多岐にわたります。洋服のイメージをデザイン画におこすところまでがメインの仕事ですが、職場によっては素材の選定や型紙づくり、縫製のチェックなどに関わることもあります。

ファッションデザイナーに欠かせないのはデザインセンス。企業内デザイナーなら、自社ブランドのイメージを守りつつ自分らしいセンスを加えて商品の魅力を高めなくてはいけません。それに次のトレンドを予測するための情報収集力や分析力、洋服のイメージをパタンナーなどに正確に伝えるためのデッサン力やコミュニケーション力なども求められます。

ファッションデザイナーをめざす方法はいくつかありますが、専門学校や大学で基本的な知識やスキルを身につける人がほとんどです。学校選びに悩むかもしれませんが、グローバルに活躍したいなら国際ファッション専門職大学がおすすめ。これから開学予定のこちらの専門職大学では、海外発信能力のあるファッションデザイナーを育成するためのカリキュラムが用意されています。

ちなみに、ファッションデザイナーは職場の規模によって平均年収が変わってきます。従業員が10人前後の事業所だと433万円、10~99人規模だと412万円、100~999人規模だと475万円、1000人以上だと499万円が平均相場。大手企業だと福利厚生や資格手当などが充実しており、給与体系も安定するでしょう。

大手企業に就職してステップアップしていくだけではなく、独立開業して活躍することを目標としているファッションデザイナーも少なくありません。有名デザイナーになってアパレルメーカーと契約すれば、数千万円~数億円の収入を得ることもできます。ただ、そのような高収入を得られるのはほんの一握り。フリーランスとして活躍するためにはファッションについてのデザインセンスはもちろん、経営者として売上を出し、それを維持し続けるスキルが必要です。

広がるキャリアプラン676 views