高校卒業後は悔いのないような進路選択を

高校卒業が最初の人生の岐路になるといっても過言ではありません。18の若さで自分の人生を切り開いていかなくてはならないとは、随分酷な話です。しかし、それは誰もが通る道。後悔するような選択をしないためにも自分の今後の人生についてのビジョンを考えてみましょう。

卒業してからの進路は大きくわけて2つです。就職するか、大学または専門学校に進むか。就職に有利だから四年制大学に通う、といった安易な考えはあまりお勧めできません。たいていの人はある程度の大学を出て、世の就職難を見事に突破し、安定した収入を得ながら生活する、といったライフスタイルを理想としているかと思います。しかし、本当にやりたいことが今現在できているかというと、そう断言できる人は少ないはずです。

人生は一度きりです。夢や野心があるなら、それを簡単に捨てずに目標に向かって突き進むということも大切です。知名度のある大学に通っていても、興味のない学問分野だと勉学に対する向上心も湧かず、ゆくゆくは後悔するはめになります。そんな人よりも、本当に自分がやりたいこと、やるべきことが明確になっていて、それを貫き通している人の方がずっと立派だといえます。様々なことを考慮したうえで、今この時期に、是非自分の性格や適性をじっくり見つめなおし、後悔しない選択をしてください。

学びと進路1706 views