早いうちから英語に触れさせて苦手意識をゼロに

子どものころから英語に触れさせることは、その後の英語の定着率に影響することが知られています。そのため幼児向けの英語教材もたくさん出版されています。子どもでも楽しめるように簡単な英語で書かれた絵本が人気です。子ども向けに語彙を限定して書かれているので繰り返し読み、イラストと合わせることで自然と単語の意味を覚えることができます。絵本を楽しみながら英語に触れることで英語の文法を学ばなくても感覚的に英語が身についていくと考えられています。それぞれのレベルに応じた英語教材が用意されているので、無理なく読めるようになったら、一つ上のレベルのものに挑戦していくという楽しみもあります。

こうした教材は多くの学習塾でも置かれるようになっており、誰でも自由に閲覧ができるようになっています。英語を身につけるには、日本語と同じように多くの英語に触れるのが効果的です。特に英語の読み書きを覚えるにはたくさん洋書を読むのが効果があると言われています。自分に合った教材でたくさんの英語に触れることや、子どもの場合は絵が描かれたような教材で英語に親しむことで無理なく英語学習を進めていくことができます。子どものころから学習していくことで大人になってからも英語学習がスムーズにできるようになります。

子どもの学習381 views